リービ英雄

levy hideo

略歴

生年月日 1950年11月29日 米・カルフォルニア生まれ

経歴

子供時代は外交官の息子として、台湾、香港で育つ。’67年横浜に渡ってから
20年間、日米往還を繰り返す。プリンストン、スタンフォード大学の日本文
学教授を経て、’89年から日本に定住。現在は法政大学国際文化学部教授。
西洋出身者として、日本の近代文学で初めて日本語で書かれた純文学作品「星
条旗の聞こえない部屋」で野間文芸新人賞を獲得。
二作目「天安門」では芥川賞候補作、三作目「国民のうた」で三島賞候補。
「千々にくだけて」が大佛次郎賞、「仮の水」で伊藤整文学賞、
「模範郷」で読売文学賞を受賞。

芸歴

作品 《小説》

「星条旗の聞こえない部屋」’92講談社     野間文芸新人賞
「天安門」’96講談社「満州エクスプレス」’96群像
「国民のうた」’98講談社
「蚊と蝿のダンス」’01群像 
 「ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行」’02講談社 
「千々にくだけて」’04群像 大佛次郎賞
「仮の水」‘08講談社 伊藤整文学賞
 「模範郷」'16集英社 読売文学賞

《翻訳》

「万葉集(The Ten Thousand Leaves)」       全米図書賞
「錨のない船(RIDING THE EAST WIND)」 加賀乙彦 著
三島由紀夫 安部公房 中上健次 古井由吉 

《エッセイ》

「日本語の勝利」’92講談社
「新宿の万葉集」’96朝日新聞社
「アイデンティティーズ」‘97講談社
「最後の国境への旅」 ‘00中央公論新社
「日本語を書く部屋」’01岩波書店
「英語でよむ万葉集」’04岩波書店

《紀行文》

「我的中国」‘05岩波書店

《新聞雑誌》

海燕「文芸時評」‘91年連載   広告批評
月刊現代 [アメリカ 中国 ドイツ 長編紀行]
週刊朝日 ‘93年司馬遼太郎との新春対談
朝日新聞 「ことばの都市」‘95~96連載
日本経済新聞 「プロムナード」‘97連載
婦人公論「東北再発見の旅」 ‘96~’98(全17回)
群像 ‘99安岡章太郎らとの新春対談
朝日新聞 ‘01~‘05 文芸時評 常任委員
世界「延安紀行」‘07~ 

出演

NHK教育「教育ジャーナル」柄谷行人との対談
NHK教育ETV「わたしの日本語―ことばは変わる」
NHK教育スペクトラム「日本の文化を世界の舞台へ」
NHK教育ETV「安部公房 探しあてた時代」
NHK教育ETV「レイテ戦記を読む」
NHK教育 ETV「作家 中上健次の世界」
NHK教育未来潮流「越えられるか“言葉の壁”異文化コミュニケーションの可能性
NHK教育知るを楽しむ「日本語に魅せられて」

講演

‘93京都デサイン会議 平成奥の細道 旅のフォーラム 高松市美術館
同志社大学第9回外国文化週間 歴史街道トーク&ライブ  他多数
パーマリンク